投稿テスト

2年間放っておいたので果たしてちゃんと投稿出来るか試しの投稿。

今は2018年の5月ゴールデンウィーク真っ只中。

相変わらずこの時期は例年通り寒い :pun:

下の写真は昨年の秋のものなので全く意味が無い :gii:

VPQL1393

ゴールデンSNOWウイーク

 

10年ほど前だったか

咲き始めた桜に真っ白く雪が積もったことがあった。

それ以来のことか

ゴールデンウイーク初日に猛吹雪となり

オホーツク地方が銀世界へと逆戻り。

どうせ溶ける雪・・と思えば大して気にもならない。

なごり雪もすぐに見納めとなるだろう。

2,3日後は摂氏20度の予想だ。

 

*久しぶりにDEWSLIDERに挑戦。

古いブログを辿ってみると4,5年前の投稿以来だ。

相変わらずこぴー&ペーストで何とかなった :tara:

既に半世紀が過ぎていて無理も無い

この4月で中学に入学する孫がいて、

昨日、友人と遊びまわった帰り道、じじばばの家に訪れた。

随分呑気に明日の入学式のことを語りだす。

学生服に学校の校章とクラスのバッジが必要だと言う。

クラス割を確かめて該当のバッジを購入しなければならない。

遥か昔そんなことが私にもあったと思わず感慨深げになる。

何処に売っているのかとたずねると

「計文堂」  と返ってきた。

そうだったか、不確かな記憶すら薄れてまったく思い出せない。

歩いて2分の距離にその「計文堂」は生まれながらにして未だにそこにある。

そう言えば教科書もこの時期に風呂敷持参でそこで購入したものだった。

躊躇なく彼は「買ってくるからお金頂戴」とふてぶてしく言う。

払う義務は全く無いはずだがじじばばはいつも孫に弱い。

そこで今時そのバッジとやらはいくら位するのか私なりに考えて、

高くても2~3百円で買えるはずと百円玉を渡す。

孫がそこで1,000円はするよと。

「そんなわけないあんなもんが」

と言いながら仕方なく500円硬貨とさらに100円玉を。

ケチったわけではなく何となくそんなものだろうと総額900円を渡す。

 

孫が帰ってきて 「危なかったぁ」 と財布のお釣りを出す。

120円がかろうじて残っている。

 

え~~~~~ななひゃくはちじゅうえん~~~!!

 

思わず私たちは通り過ぎてきた時代の長さをそこで実感せざるを得なかった。

 

昭和の人間にはそれでも納得いかない風で

あんなもんが780円の値打ちであるはずが無い、経費がどうのと小一時間・・・・

 

これがあの懐かしき男子制服に付ける

遠軽中学校のバッチでした。

engarutyu[1]